0

毛穴パック


毛穴パックで一度はきれいになったのに、繰り返す毛穴の黒ずみに悩んでいる・・。という方は結構多いです。ニキビと同じように、一度きれいになってもなぜまた黒ずみができてしまうのか?それは、間違ったケアの仕方に問題があるからです。 ・毎日毛穴パックをしている  ・洗顔は汚れをきれいに落とすため、ゴシゴシ洗う。 ・洗浄力の強い洗顔料を使っている。 ・さっぱりとした化粧水を使っている。 このようなケアを行っている人は要注意です!!  正しいケアの仕方は、まずお入浴後や蒸しタオルなどで肌を温めて毛穴が開いている状態にします。刺激を与えるような洗顔はお肌がいたむ原因になるので、なるべく低刺激のものをよく泡立てて、優しく丁寧に洗います。 クレンジング剤は洗浄力が強く、刺激となるのでできれば毎日使わないように。毎日メイク落とさなければいけない方は絶対にすぐに洗い流すようにしましょう。そして、洗顔後はすぐにたっぷりの化粧水で保湿します。化粧水の後も、必ず美容液などで再度保湿。きちんと保湿する事は、皮脂の分泌を抑える事に繋がりますし、毛穴をとじるのに効果的です。時間はかかりますがこれを1ヶ月ほどしばらく続け、肌を元の状態に戻します。たとえこの期間に毛穴が黒ずんでもパックしません。毛穴パックは開いた毛穴をさらに広げてしまうので、汚れをたくさん溜め込んでしまう原因になってしまいます。2週間に1度ぐらいの頻度で十分です。絶対に毎日行わないでください。黒ずみをとる事だけに専念せず、まずは黒ずみを作らせない肌の土台作りをする上で毛穴パックをする事が、最適な活用方法です。顔の脱毛をするのもいいかもしれません。このごろでは全身脱毛コースに顔の脱毛も含まれているところもあるのでチェックしてみてください。

0

筋肉を鍛えよ


筋肥大を考えて、努力している人は多いようです。
筋肉を鍛えて、とーにんぐを積んでいる人はいますね。

テレビでも時々出てきますし、
そんな筋肥大を実現している人は、
クレアチンを服用されているようです。

この成分を摂取することで、短い期間で筋肥大が
できるようです。
すごいですね。
筋肉はエネルギーの源が必要です。
これがクレアチリン酸ですが、これを促すのが、
クレアチンです。

そのため、とても重要な成分なのです。
筋肥大を持つためには、特別な何かが必要ですね。
普段通りのままでは当然無理ですし、
それを短期間で頑張るにはどうしても、
この成分を摂取し続けることが大切です。

短期間で効果が出るなら、いいですね。
大変なトレーニングを長期間にわたって
やらないといけないとなると大変ですね。

クレアチンがさらにいいのは、水分を取り込んでくれるところです。
水分を筋肉の細胞に取り込んでくれるので、
筋肉の成長や回復をしてくれる作用があります。

どんなにトレーニングをして、効果があっても、
筋肉自体が疲れていたり、疲労がたまって、
大変な状態になっているよりは、
しっかりと回復し、いつもいい状態でありたいですね。

また、筋肉が成長してくれるので、
更に筋肥大へと近づけて、本当にいいですね。

そのため、筋肉をどんどんと成長させて、
トレーニングをしても、疲労回復をしてくれるわけで、
うれしいですね。

クレアチンの効果を調べつつ、
どんなふうに摂取したらいいかを見ていきたいですね。

クレアチンは、トレーニングをしている人にとっては
必需品ですが、初めての人にとっては
聞いたこともないようなものですし、
最初はこの成分をしっかりと調べたいです。

0

紀元前3,000年にすでにあった?!脱毛の歴史


人間の価値観は、いつの間にか身についてしまいますが、
世の中がムダ毛が生えていても美しいなんて価値観だったら、
苦労はせずにすんだもの…。
脱毛は、いつからはじまったんでしょうか。

なんと、紀元前3,000年から4,000年頃の
地中海地方や古代オリエントで、すでに脱毛剤が使用されてたとのこと。
テルマエロマエが紀元前128年の話なので、
それよりもさらに数千年前。
もうその時代にムダ毛がない方が美しいという価値観があったんですねぇ…
古典的な脱毛剤は、硫黄、石灰およびでんぷんを含んでいて、
水でペースト状にしたもの。
今で言う脱毛ワックスのようなものでしょうか。

もう少し、時代が降りてきて、
紀元前30年から40年頃、あの女王クレオパトラも
脱毛剤でムダ毛処理をしていたという話もあります。
そうですね、歴史に残る世界三大美女が
ムダ毛ぼうぼうでは、イメージがくずれてしまいます。
ミロのビーナスなんかもツルツルです。
リアリティを求めて、ムダ毛をつけていたら、
現代まで残っていない芸術品だったかもしれません。

日本でも、平安時代には、
二枚貝のハマグリを今の毛抜きのように使っていたという話がありますし、
江戸時代には、脱毛剤も出てきます。
ただ、今の脱毛剤とは違い、
毛を磨耗させて切るという仕組み。
木の実のアブラと砕いた粉状の軽石でできていました。
何か痛そうですね。
アフターケアの方法も変わっています。
うぐいすのフンをぬり、へちま水をつけるというものです。
へちま水は化粧水として使われているぐらいなので
分かりますが、謎なのはうぐいすのフンです。
さすがは江戸時代…と思ったら、
実は、今でもうぐいすのフンが原料の化粧品があるようですね。
美白、美肌の効果があるそうですが、
フンだとどれだけ効果があってもためらっちゃいます。

今の電気を使った脱毛のもとは、
19世紀に入ってから。
1875年 アメリカの眼科医が直流電流を使って、
逆さまつ毛を永久的に除去する方法を考案。
(電気分解脱毛法)
1924年 フランスの医師が高周波脱毛法を発表。
1945年 アメリカの電気脱毛技術者が開発したもの。
電気分解脱毛法と高周波脱毛法を組み合わせたブレンド脱毛法。
特許にも登録されています。

1970年代 ブレンド脱毛器が日本に輸入されます。
1983年 アメリカ ハーバード大学の博士が、
選択的光熱融解理論を発表。
レーザー脱毛のもとになるものです。
1997年 レーザー脱毛器が日本に輸入されます。

この先も脱毛の技術は、進んでいくでしょう。
100年後の人は、どんな脱毛をしているのか。
遺伝子操作とかでしょうか。
ちょっと想像してみても楽しいですね。

名古屋駅前・栄の人気脱毛サロン

0

美白を成功させるためには、まず365日常にUVケアを欠かさない。


そして食生活ではバランスのよい栄養の摂り方を実行する。そして、ストレスを溜めない。などを心がけることが大切です。基本的なこの3つを守って、次にスキンケアで美白を目指してゆくのです。美白化粧品を選ぶ際には美白成分だけではなく、保湿力と浸透力がある化粧品かどうかもチェックポイントです。

美白のためのコスメを購入するとき、みなさんはどんな購入のされ方をしていますか?
美白化粧品って、値段が結構高いですよね、なので化粧水だけ美白にしてあとは安めのもので。。。という人もおられると思います。でもやっぱりライン使いの方が効果があるんじゃないの、と頑張って一式シリーズで使用している人もいるかと思います。

もちろん、どちらも間違いではありません。ただ美白効果が高く、早く効果が欲しいと思ったらやはりライン使いだと言われています。各メーカーでは、全てを一緒に使うからこそより効果が高く果実に結果が出るように作っているのです。

ただし、そのシリーズの中にどうしても肌に合わないものがある場合は論外です。そのために肌トラブルを引き起こしてしまったら元も子もないのですからね。
また、高い化粧品だからといって規定の量よりうんと少なめにケチケチ使用するのもNGです。確実に効果でづらくなるようです。

 

0

女性にとって、色白の美肌は永遠のあこがれです。


近年、日に焼かない白い肌というのが若い女性からも支持されるようになってきました。
きれいな白肌を保つため、美白化粧品が有効とされています。中でも簡単に摂りいれられるのが美容液です。

美白成分が入った化粧品はいろいろあります、また次々と新しい美白化粧品が発売されています。
2013年夏、カネボウ化粧品の美白化粧品を使用した人が肌がまだらに白くなる「白斑」という症状が出るトラブルがありました。この化粧品には医薬部外品有効成分である”ロドデノール”が配合されていることがわかっており、自主回収がされています。

またロドデノールと白斑との因果関係の解明がまだはっきりとしないことから、現在はロドデノール配合の全化粧品の回収をしたことで、事態は収束へと向かっているようです。

このような事故発生から、各ブランドでは美白成分の安全性については特に厳しいチェックのもとで販売されるようになってきました。
また消費者も自分が使っている美白化粧品が安全かどうかを各メーカーへの問い合わせという形で確認されるようになっていることから、各メーカーも自社製品の再チェックに力を入れざるをえない状況だともいえます。

そのような騒ぎの中でも美白美容液は売れ続けています。それらの製品は安全、安心な成分と確かな効果であることが納得できるからなのでしょう。
ロドデノールの事故は不幸なことですが、女性はそれでも美白を追い求めて安全な美白化粧品を使いたいと思っています。

0

色白・色黒


色白・色黒を決めるのに、特に医学的な基準はなく、あくまでも個人の持っている個々のボーダーラインで決定します。大抵は肌の色を決める要素は遺伝であり、将来にわたってその肌色は大きく変わりません。健康である限り気にしなくても大丈夫なのです。

肌の色を決めているのは、表皮にある色素細胞、この細胞は2~3%と数が少ないのですが外からの刺激に強く、数が増えることはありません。この色素細胞がメラニンを作り、周辺の角化細胞に分け与えることで皮膚の色が決まります。色素細胞が作るメラニンは黒褐色系と黄赤色系の2種類があり、有色人種は黒褐色系が多いなどメラニンを作り出す能力は遺伝的に決まっています。

日焼けをしたあとに、肌の色が褐色になるのは紫外線に反応して色素細胞がメラニンをたくさん作ったからです。日焼けすると肌がすぐに赤くなるほど紫外線に弱く、紫外線対策には特別気をつけなければなりません。自分の両親の肌色を観察したり、どんな日焼けの仕方をするかを見たり聞いたりして、自分の日焼け対策の参考にするということもありですね。

 

0

美白対策


美白対策として日に焼けない、ビタミンCなどを摂る、美白美容液を使う、パックなどがありますが、日焼け止めクリームをつけたり、美容液をつけたりすることは毎日のスキンケアやメイクの際にできることとして、ビタミンを摂るなどの内側からのケアはなかなか難しいのではないでしょうか。

食生活をコントロールして継続して長く続けることは忙しい現代人にはできそうもないことです。ビタミンは野菜や果物に多く熱に弱いのが特徴で、生で食べることが条件となります。また一日に摂りたい野菜の量は350gが理想とされていますが、それだけをクリアできている方は少ないのが現状と言われています。

特にビタミン類は健康と美容に不可欠な栄養素なので、ぜひ毎日摂りたいのですが食品で課題の量を摂るのが難しいとすれば、サプリメントで補うことを考えてみてもいいかと思います。食事を基本に足りない栄養素を補うという役割をするサプリメントは忙しい現代人にピッタリの補助食品です。

美白によいとされる「トラネキサム酸」という成分は皮膚科などで処方される、皮膚の炎症を抑える薬としてポピュラーな薬ですが、その成分が配合されたサプリメントも販売されています。アミノ酸の一種だということですが、女性ホルモンが原因でできる「カンパン(肝斑)」などに効果があるとも言われています。

美白サプリの成分で代表的なものの一つにコエンザイムQ10があります。加齢とともに体内のコエンザイムQ10は減少してしまうので、それを補いアンチエイジングを目指すというサプリメントです。

綺麗な肌になるという意味では、普段の食事にも気を使っていきたいですね。美味しくて栄養もあるものを腹8文目を心がけていろいろな種類の食事を食べれたら最高ですね。

0

紫外線は私たちの身体にとって必要であるけれど、、、


過剰に浴びると重大な病気にかかってしまったり、女性にとって大敵のメラニンを増やしてしまいます。
健康の為に必要な紫外線は一日に15分間の日光浴で十分だと言われます。また全身に浴びる必要はなく、体の一部分だけでよいと言われます。手のひらは日焼けしにくので、手のひらを日光浴するという方法もおすすめです。他の部分はしっかりと日焼け止め対策をすることが大切です。

日焼けを防ぐ方法として最も一般的なのが「UVクリーム」いわゆる日焼け止めクリームです。
紫外線の量が多くなる4月~8月、特に5、6月は1年でもっとも紫外線が多い季節です、紫外線はくすみの原因となるメラニンの生成やしみ・しわの原因ともなります。
また近年では、オゾン層の破壊により紫外線の量が増えて、免疫機能の低下、皮膚の炎症や皮膚がんにまで影響があると言われます。

美容のためだけではなく、身体全体にとっても紫外線対策は必至です。ですから紫外線対策に日焼け止めクリーム選びはとても大切な作業となります。
ご存じのように日焼け止めクリームには色々ありまして、紫外線を防いでくれる代わりに肌へのダメージも与えてしまうものもあります。

日焼け止めクリームも各メーカーが競って色々な種類のものを提供していますが、使い方によっては却って肌に負担をかけてしまう可能性もあります。
室内で過ごすときの日焼け止めクリームであれば、SPF値の低いクリームで充分ですし、屋外で過ごす時間が長い場合や海や雪山などにはそれなりにSPF値のたかいクリームが必要となります。

数値が高ければ高いほど肌への負担は大きくなります、できれば数値の低いクリームをこまめに付け直す方が肌には良いのです。
またメイクを落とすときには日焼け止めクリームをつけているお肌は念入りにしなければならないでしょう。そしてその後のスキンケアも保湿を重点的にしっかりとお手入れすることが重要です。

0

もともと肌色が黒いという方でも肌がくすんできたと感じることがあります。


また、夕方になるとくすんだようになる、あるいは昔に比べて何となく顔色がドスンと黄色みが増してきたなど、肌のくすみが気になることがあります。

肌がくすむ理由は様々です。
まず、「メラニンによるくすみ」ですが、一般的によく言われる理由ですね。
紫外線の影響で皮膚にダメージを受けてメラニンが作られますが、その結果表皮の表面に現れるシミやソバカスの原因となることはよく知られています。シミになっていなくてもメラニンが表皮の表面に現れていない状態で、すでに肌がくすんだ感じになることがあります。

次に、「加齢によるくすみ」。肌の美しいピークというのは20代前半で徐々に老化が始まっていると考えられます。エイジングによるくすみは年齢とともに黄ばんだ感じとして表れてきます。加齢とともに肌細胞の新陳代謝が悪くなります、自然の成り行きとあきらめず、自分でできるケアを見つけることが大切です。

20代前半の女性でも オールインワン化粧品を使う子は増えてるみたいですね。

「血行不良によるくすみ」
女性に多い冷え性、冷えに代表される血行不良は肌の毛細血管に充分栄養が行き渡らず、どんよりとくすんでしまいます。体質改善とともに生活習慣を見直したり、スキンケアの方法も見直す必要があるかもしれません。

そして、「古い角質によるくすみ」は乾燥肌が引き起こしがちなくすみで、スキンケアを怠ると古い角質が溜まってくすんだ感じになってしまいます。ファンデーションの乗りが悪いとか肌がカサカサしている時は古い角質がその部分に溜まっているのかもしれません。

古い角質を溜めこむ6つの原因とは? [角質・ピーリング] All Aboutも参考に。